お墓を建てる時期は特に決められていない

貴方の自宅の近くにお墓があるかと思いますが、本当にそのお墓で後悔することはないでしょうか?
どんなに立地条件が良かったとしても、お墓参りのための環境が整っていなければお墓選びで失敗をしてしまうのです。 日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年も自宅で保管をしている人もいるくらいなのです。

 

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせてお墓を建てることが多くなっているようです。

 

仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要の時以外に建てない方が無難だという話をよく聞きますが、いずれも確かな根拠はないのです。



お墓を建てる時期は特に決められていないブログ:27 6 2017

減量とは、
直訳すると「食事療法、制限食、減食」で、
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えた
食事制限によって体重を減らすことを指す言葉です。

「摂取エネルギー」とは、
食事などでからだの中に吸収したエネルギーのことで、
「消費エネルギー」とは、
運動などによって消費されたり、
生命を維持するのに必要な基礎代謝に関わるエネルギーのことです。

この摂取エネルギーと消費エネルギーの差が、
体脂肪の増減と深く関係するため、
この2つのエネルギーのバランスをうまくとることが、
減量をする上で重要なんですね。

ここで注意しなければならないのは、
「体重を落とす=減量ではない」ということです。

筋肉や骨の量を減らさずに、余分な体脂肪を減らすことこそが、
本当の減量なのです。

そのような健康的な減量をするためには、
摂取エネルギーを減らす食事制限をするのではなく、
低カロリーで栄養バランスのとれた食事を心がけることと、
ウォーキングやエクササイズといった軽い運動を
日常的に続けることがポイントになります。

最も危険なのは、
「とにかく見た目が痩せればいい」という願望から、
過激な減量をすることです。

たとえ摂取カロリーを極端に抑えて
一時的に体重を落とすことができても、
その状態を維持することはできませんし、
何よりも健康に害を及ぼすことにもなりかねないので、
「減量とは、体脂肪を正常な数値に戻すこと」ということを、
忘れないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る