お墓を建てる時期は特に決められていない

貴方の自宅の近くにお墓があるかと思いますが、本当にそのお墓で後悔することはないでしょうか?
どんなに立地条件が良かったとしても、お墓参りのための環境が整っていなければお墓選びで失敗をしてしまうのです。 日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年も自宅で保管をしている人もいるくらいなのです。

 

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせてお墓を建てることが多くなっているようです。

 

仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要の時以外に建てない方が無難だという話をよく聞きますが、いずれも確かな根拠はないのです。



お墓を建てる時期は特に決められていないブログ:20 5 2017

みなさまは、
「寒天ダイエット」というのをこ存知ですか?

寒天は
食物繊維が豊富に含まれていて、
カロリーがほとんどなく、
少量でもがお腹満足するということで
ダイエットに最適な食材といわれています。

これを積極的に取り入れて、
ダイエットするという方法が「寒天ダイエット」です。

寒天はからだにも良いので特に問題はないのですが、
必要以上に摂りすぎると良くないことも起こります。

24時間に摂る食物繊維の量があまりに多すぎてしまうと、
過剰摂取によって、激しい下痢などを起こしてしまうそうです。

俺の仲間は、
寒天のほかにもいろいろと食物繊維を摂っていたため、
過剰摂取になって、
大変な目にあってしまったと言ってました。

食物繊維は、
発がん性の物質や有害なミネラルを
からだから排出してくれる働きがあります。

しかし、過剰に摂取してしまうと、
有害物質と一緒に、
からだに必要なビタミンや鉄分までも排出してしまうのです。

すると、ミネラルが不足してしまい、
貧血や味覚障害などを起こしてしまうこともあるんですよね。

成人の24時間に必要な食物繊維の量は
約20g〜25gということですが、
現代人は13g〜18gほどしか摂取できていないそうです。

ですから、その不足分を補うために、
24時間7g〜8gを目安として寒天を摂ればいいということですね。

寒天ダイエットをするときには、
このような過剰摂取のこともよく考えて、実践してくださいね。

規則正しくバランスの良い食事を心がければ、
きっと成功すると思いますよ。


このページの先頭へ戻る