ここではお墓を建てる時期についてご案内しています。
お墓を建てる時期は特に決められていない

お墓を建てる時期は特に決められていない


お墓を建てる時期は特に決められていない
貴方の自宅の近くにお墓があるかと思いますが、本当にそのお墓で後悔することはないでしょうか?
どんなに立地条件が良かったとしても、お墓参りのための環境が整っていなければお墓選びで失敗をしてしまうのです。 日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年も自宅で保管をしている人もいるくらいなのです。

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせてお墓を建てることが多くなっているようです。

仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要の時以外に建てない方が無難だという話をよく聞きますが、いずれも確かな根拠はないのです。




お墓を建てる時期は特に決められていないブログ:21 3 2017

肥満体質の人の食生活を見ると、
いきなりスイーツから食べている人がいます。

「一番おいしいものは一番最初に食べたい!」
食への素直な気持ちの表れなのでしょう。
その気持ちはわかります。

食後のチーズケーキ、食後のアイスキャンディーなど、
甘くておいしいスイーツは、一番最初に食べたい…

しかし、その素直な気持ちは抑えて、
やはりスイーツを食べるのなら食後にしましょう!

食べるのなら、
主食の前も後も関係ないと思うかもしれませんが…
実は大いに関係するのです。

スイーツはほんの少量でも、高カロリーです。
糖分の吸収も早いため、すぐに満腹を感じてしまい、
スイーツを食べ終わったころには
「もう主食はいらない」と食欲が減退してしまうのです。

スイーツだけ食べて、主食を抜いてしまう可能性が強くなる…
これでは本末転倒です。

本来、食べておくべき主食を後回しにすると、
逆に食べられなくなってしまう可能性が強くなるのです。

しかも、砂糖ばかりがたっぷり含まれ、
ビタミンやミネラルが含まれていないので体にもよくない。

やはりスイーツは、食事の最後に食べるのがベストなんです!

昔から「スイーツは食後」と言われています。
なぜスイーツは食後にするべきかというと、
ウエストいっぱいに食べさせないようにするためです。

食事をしっかり食べれば、
スイーツを食べようとする食欲が減退して
「もういらない」という気持ちが大きくなります。

ウエストが膨れて「もういらない」と省くのなら、
主食ではなくスイーツにするべきなんです。

スイーツは抜いても大きな問題にはなりませんが、
主食を抜いてしまうと大問題です。

そうならないためにも
「スイーツは食後」というのは理にかなっているのです。



お墓を建てる時期は特に決められていない

お墓を建てる時期は特に決められていない

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド