ここではお墓を建てることが出来ない時についてご案内しています。
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法

すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法


すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
いつでもどこでも気軽にお墓参りをすることの出来る立地条件でしたら、移動に苦労をするようなことはないでしょう。
このことからアクセス性をまずは重視して考え、条件や環境の確認も忘れずに行いましょう。 仏教につきましては、四十九日までに納骨をするということが慣習となります。
しかし都市部などにおいてはお墓を建てるお墓が見つからなかったり、建墓に間に合わないこともよくあるのです。

もし四十九日に間に合わないようでしたら、お寺やお墓の納骨堂に遺骨を預かってもらって、お墓が完成してから納骨します。
これは決して仏教の教えに反していることではなく、問題ないやり方となります。

墓地だけ手に入れて墓石がまだ未完成の場合は、とりあえず遺骨を納める納骨室だけ作って納骨することが出来ます。
地上には角柱塔婆の正面に戒名、そして側面や裏面に俗名と生没年月日を予め書いておきます。




すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法ブログ:17 3 2017

健康と減量には、密接な関係がありますね。

最近では、メタボ対策が日本国内でも盛んに叫ばれていて…
ウエストに脂肪がつきすぎると、
生活習慣病のリスクが高くなるとのことで、
減量にとり組む人が多くなっていますよね。

俺もその中の一人なんですが…

不要な脂肪をウエストに溜め続けると
糖尿病にもなりやすいですし、心臓に負荷がかかって、
トラブルの元になってしまうという医学結果もあります。

健康面から見ても、肥満の人は、
積極的に減量するべきなんですね!

太っていないのに、スタイル維持などのために
あえて減量をする人もいます。

これは、若い女性によく見られる傾向で、
中には無理な減量や不要な減量のしすぎで、
逆に健康を損なうこともあるみたいですね。

医学的に見れば、
人間は少しぽっちゃりしている方が健康にはいいと言われています。

減量は健康増進に役立つこともありますが、
やみくもに体重を減らして、からだを壊してしまっては、
何のための減量なのかわかりません!

どのくらいの体重なら自分の健康にはいいのものなのか、
知った上でダイエットをしましょう。

からだの健康を優先したいなら、
減量でからだに負担をかけるようなことはやめましょう。

減量にとり組む際に重要なことは、
短い期間に一気に体重を減らすのではなく、
時間をかけて徐々に取り組むことなんです。

食べる量を減らすだけでなく、
減量もしながら減量をすることが
健康的な減量のポイントです。

しっかり休んで、しっかり減量することが
からだにもいいようです。

すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法

すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド