ここではお墓の建てる場所についてご案内しています。
好きな所にお墓を建てられるワケではない

好きな所にお墓を建てられるワケではない


好きな所にお墓を建てられるワケではない
もしお墓を購入しようと考えているのでしたら、とにかくまずはインターネットで情報収集をすることが大事です。
他人がそのお墓を利用してどのように思っているのかなどの口コミ情報も確認しておきましょう。 代々からの寺院のお墓を所有していることによって、墓地を探す必要はありませんが、墓石選びや墓石の形を考える必要があります。
郷里から都会に出てきた人達は、まず最初に墓地探しからスタートという形となります。

遺体や遺骨の埋葬、そして埋蔵、収蔵は、「墓地、埋葬等に関する法律」により規制されています。
このことから墓地以外の場所には埋葬や埋蔵をしてはいけないこととなっています。

たとえ自分の土地であったとしても、そこに勝手に埋葬や埋蔵をしてはいけません。
ちなみに墓地を作るには都道府県知事の許可が必要で、認可された土地のみお墓として利用することが出来るのです。




好きな所にお墓を建てられるワケではないブログ:29 3 2017

我が家の話題提供者は、いつもお母さんです。

時には「…それは誰に向けてしゃべってんの!?」と、
漏れ聞こえてくる話題がぼくに向けたものなのか?
はたまたとてもしっかりした独り言なのか?
…の判断が微妙なラインで
お母さんのおしゃべりが繰り広げられます。

例えば、クイズ番組などでは、
テレビに向かってまるで出演者の1人のように
問題と苦悩して、解答にリアクションして…と大忙しです。

そんな我が家ですが、最近の話題の中での1番のトピックスは
「祖母の甲状腺に癌が見つかった」
ということです。

ぼくのお母さんにとって祖母は、
自分のお母さんになるのですから、
その心配ぶりも尋常ではありません。

幸いにも今のところ良性で、
頼れる甲状腺の専門医を見つけたようで手術も決まり、
まずは一安心な様子です。

祖母はもう86歳ですから、逆に今まで大きな病気もなく、
ひ孫までいるのはとてもラッキーなことなのかも知れません。

最近、ぼくの周りで「癌」というキーワードがよく出てきます。
それは、友達の親だったりとか、
友達自身だったりとか、親の友達だったりとか…

もちろん、ぼくが社会人になって、関わる人が増えたことや、
自分も含め周りの人達が
癌を発症する可能性のある年齢に
近づいてきたということがあるのでしょう。

ところで…
ぼくの祖母は、病気が発覚してからも
「よりよいお医者さんを!」
「より万全の体制で手術してもらえる病院を!」と探しては
問合せを続けたらしいです。

とっても気丈です。
そこには祖母の強さが見えます。

明日はいい日かな~
好きな所にお墓を建てられるワケではない

好きな所にお墓を建てられるワケではない

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド