ここではお墓の使用規定についてご案内しています。
決められた使用規定を納得した上で契約

決められた使用規定を納得した上で契約


決められた使用規定を納得した上で契約
そもそもお墓というのは決して安い買い物ではなく、土地や自宅を買うのと同様に考えることが大切です。
長く使用続けるお墓なのですから、慎重に選んで後悔をしないようにしてください。 お墓におきましては、公営や民営を問うことなく、「使用規定」が決められています。
これには、あるお墓側が特定している石材店を指定しているものもありますので確認をしておきましょう。

お墓によっては自分のお気に入りの石材店があっても、その業者に依頼することが出来ないケースがあります。
ですのでまずは使用規定に書かれていることをよく理解しておくことが大切です。

墓地使用のための負担行為や改修工事などに関しての注意点が使用規定に記載されています。
お墓を購入後いざこざを起こさないためにも、使用規定は事前に確認をしておき、納得しておく必要があるのです。




決められた使用規定を納得した上で契約ブログ:25 3 2017

主人は、本当によく話をしてくれる人です。

しかも、サービス精神旺盛なので、
必ず相手を笑わせようとしたり、
身振り手振りも大きくてわかりやすいです。

そんな主人なので、
主人といると、わしはすごく楽で安心で楽しい!
人の話を聞くのが大好きなわしにとっては、まさに理想の相手なんです。

普段わしは、周りに質問とか、話をふったりして、
自分に話が向かないようにしている節があるのですが、
主人の前ではそんなことをしなくても主人が話し続けるので、
すごく気が楽です。

唯一、主人がわしに突っ込んでくるときがあります。
それはケンカをしたとき。
とは言っても、わしが一方的に怒ることが多いのですけれど…

主人は、わしが怒った理由がわかれば解決できる…と思って、
「どうして怒ってるの?」「なにがきっかけで?」と訊いてくれるんですが、
わしは自分の気持ちを上手く言葉にすることが出来なくて、
沈黙してしまいます。

しばらくすると、主人は先に謝ってくれるので、
それで仲直りする…というパターンを長く続けてきました。

主人は、わしが怒ったり、わしの機嫌が悪くなったりすると、
その分だけ自分のテンションをあげてきます。

でも、そうやってふたりの空気のバランスをとろうと、
主人は主人なりの方法でがんばっていてくれたんだなぁ…と、
最近ようやく気づいたんです。

そうやって考えてみると、
怒っている理由も言わないわしに、
よく毎回謝ってくれるよなぁ…とか、

理由がわからないままだから気になるだろうに、
よく訊き返してこないよなぁ…なんて、
主人のすごいところがどんどん見えてきたのでした。

そうやってわしを大切にしてくれている、
尊重してくれていることに、気づくことができました。

決められた使用規定を納得した上で契約

決められた使用規定を納得した上で契約

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド