ここでは石材店の賢い選び方についてご案内しています。
賢い石材店の選び方

賢い石材店の選び方


賢い石材店の選び方
これからお墓探しをしようと検討しているのでしたら、大切なのはお墓に関する知識をしっかりと覚えておくことです。
条件や利用上の注意事項、そして総費用など事前に調べておくことは非常に大切なことです。 指定石材店というのは、その墓地の様子を熟知し、そして信用することの出来る業者ですので安心出来ます。
特に民営のお墓では、墓石の加工工事だけに限ったことではなく区画販売とセットとなっている場合もあります。

「一般墓地(1u)総額150万円」などといった宣伝文句を貴方も見たことがあるでしょう。
これはお墓の加工工事全般と墓地の永代使用料のセット販売という意味を持っています。

お墓のセット販売は墓石のデザインや刻字する文字数など画一化されていることもあるので、予めの確認が必要です。
ちなみに石材店では具体的に建墓するという仕事と、アフターケアをするという2つの役割があります。




賢い石材店の選び方ブログ:23 4 2017

わしには元々、
マメに連絡をするという習慣がありませんでした。

それは、
「便りのないのは良い便り」とばかりに、
何もない時には連絡をすることがなかった
実家の習慣からきているのかもしれませんし、
わし自身の不精な性格からきているのかもしれません。

わしは
用件がないのに
連絡をするということをしてこなかったのです。

それはわしにとって長年慣れ親しんだ習慣であり、
それが当たり前で、
そのことに疑問を持つという発想すら
持ち合わせていませんでした。

それに対して、
奥さんはマメに連絡をするタイプです。

わしにも実家の家族にも友人にも、
マメに連絡してコミュニケーションを図っています。

だから、奥さんの携帯は、よく鳴るんです。

すごいなぁって思うんです。
そして、うらやましいなぁって思うんです。

わしの携帯はほとんど鳴らないから、
たまに電話でもかかってこようものなら、
着信音にビックリし、あわてて電話に出ようとして
誤って電話を切ってしまうくらいですから…

そんなわしですが、マメな奥さんに感化され、
少しずつではありますが、伝えなければならない用件がなくても
連絡をするようになってきました。

といっても、
なかなか長年のクセが抜けず、
「たまに」程度なんですけどね…

1週間前、珍しく友人に連絡をすることがありました。

用事があったわけではないのですが、
「元気にしてるのかな~?」と気になったので、
その友人に「元気にしてる?」というメールを送ったのです。

すると、友人から
「元気にしてるよ」「メールもらってうれしい」という返信がありました。

気が向いて勝手にメールしただけなのに、喜んでもらえて
わしはとってもうれしかったですね。

賢い石材店の選び方

賢い石材店の選び方

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド