ここでは寿陵の増加についてご案内しています。
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている

最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている


最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
インターネットでお墓について調べてみますと、非常に多くの情報サイトがヒットし、様々な知識を学ぶことができます。
中でも数多くのお墓を比較することの出来るサイトは、お墓選びでは欠かすことの出来ない情報サイトと言えるでしょう。 お墓不足が深刻となっている東京などの都市部におきましては、早めにお墓を確保する人が多いことで寿陵がよく見られます。
これまでの日本は墓地がしっかりと確保されており、お墓を建てることも比較的簡単でしたが最近では変わってきているのです。

お墓を建てることによって子どもたちに負担をかけたくない人や早めに建てておこうという人などが多くなってきています。
そのような場合には墓碑銘を赤く塗り、寿陵を建てることが多いようです。

最近では都市部の墓地には、寿陵が非常に増えてきました。
今までは墓地に占める割合は5%前後でしたが、今では全体の数十%にも及んでいるところもあるくらいです。




最近では都市部を中心に寿陵が増加してきているブログ:17 5 2017

最近、8時食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子食パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかの8時食シーンにも現れていますよね。

8時は、どの家庭も忙しいもの!
8時食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
母親自身に8時食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「8時シャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれた母親世代は、
高校生くらいから8時食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
子供が生まれてからも続きます。

8時食は子供しか食べない、
あるいは、子供が幼稚園に行くまでは
8時食を食べさせる習慣がなかった…という母親もいます。

炊きたてのごはんと湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんな8時の食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
8時食をつくらない、食べない母親の理由らしいんですが…

「8時食を食べる」という習慣は、
家族で毎8時食べて育って初めて身につく習慣。

子供だけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは父母が8時食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…



最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている

最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド